« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

シードライブに新色でました!

この秋、エバーグリーンより

20171010_230108


シードライブの新色が発売!

ということで、私なりのシードライブ使用法を

ご紹介!

まずこのルアー、ジョイントのスイムベイトとしては

そこまで大きくないと言える大きさゆえに、

シンキングペンシルのボリュームアップバージョン的感覚で

使用してみてもらいたい。

通常のシンペンとの大きな違いとしては

左右の振りが鋭角ゆえに、ターンした瞬間の引き感が

非常に感じやすいこと。

食わせたい場所まで、キャンキャン首振らせて

しっかりシーバスに存在をアピールして

食わせどこでピッチを弱めるもよし、

その逆がハマるケースもある。

また、水流による水受けを利用すれば

ダウンクロスに撃ち込んで、食わせたいゾーンで

振らせ続けるのもよし。(シンキングなのである程度引いてないと沈みますが)

非常にアングラー側から仕掛けに行く要素満載で

面白いルアーなのだが、

こうした使い方のほかに面白いのが

運河や河川の垂直の壁の横引き+壁に衝突パターン!

これは、左右に振れた時に壁に当てながら巻くやりかた。

1507644343449


先週の釣行時のもの!

壁に当たることによる動きの変化と音も関係してるのか、

ミノーでは引けないような水深の壁や、

至近のブレイクから呼び込んで食わせたいケースに

非常に強い釣り方。

この日もバイトは多数も、足元で出たり、捕食音にびっくりして

アワセ損ねたり(ヘボ)で、一本キャッチに終わったが

釣りとして非常に面白いのでオススメです!

タックルは

014


壁沿いに正確に落としたいので短めのファストブレイクを使用。

特別強いタックルでなくとも、充分扱えるシードライブ。

ぜひこの秋、お試しください!

| | トラックバック (0)

野島沖提エギング。

湾奥エギングも、最近では珍しい話ではなくなりまして

特に金沢八景周辺のアオリイカはもはや季節の釣りものに

定着した感がありますが、サイズも少し大きくなってきたとの情報も

あり、先週の週末は野島へ!

渡船は村本海事さんから。

目指すは青灯&ハナレ。

まずは実績◎の青灯のオカマ周辺から。

朝イチはほぼ毎投のようにチェイスしてくる場面も多々あるほど

まあまあイカの活性は高いようだ。

 

だが、いくならんでも釣るのはかわいそうなサイズW

2,5号とか使えば乗っちゃうサイズながら

・デカイのにスローに見せたい。

・狙いがコウイカ。

以外の理由では3号以下は使わないのが佐川流。

まあその代わり掛かっちゃったヤツはキープしちゃうけど・・・

朝のうちはこのチビイカばかりで、サイトにも気合がはいりません。

移動しつつ撃つも、寄ってくるのはオチビばかり。

ようやく、沖でアタリが出て、まあまあか?!

と思わせるも引きがおかしい・・・・・

20171009_102649


エギ番長 3号 オレンジスギにて

モンゴウさん・・・・

ここで朝イチやった青灯角へ。

下げがかなり効いてきていい感じの払い出しが。

ここは、この払い出しにエギを流し込んで、

キャストでは届かない場所を探る作戦に。

三号の沈下速度だと、この払い出しの中なら、かなり

流れていってくれる。

いい加減流したトコでポンポンとしゃくり上げ、

流れをかませてアタリを待つと

                「うにゅ!」

竿先がしなやかなテクニカルジャークのティップが

押さえ込まれます!

Img_20171009_124035_047

エギは同じエギ番長3号 オレンジスギ

朝からヒイカみたいなのしか見てないために

デカク感じます♪

さお抜けになるような、払い出しの沖に居ました!

といっても500グラム無いようなやつですが、

まあこの日の状況なら満足の一杯!

これからは数は出なくなるものの、

これくらいのサイズが普通に混ざるようになると思われます!

伊豆や房総まで行かなくても、都心から近く

電車での釣行も便利な野島沖提のエギング

ぜひ楽しんでください!

タックル

エバーグリーン スキッドロウインペリアル テクニカルジャーク710

ダイワ セルテート2004

バリバス アバニエギング ティtプラン 0,4号

クレハ グランドマックスFX 1,75号

| | トラックバック (0)

WSS最終戦プラ!

第二戦荒川大会を優勝することができ、

なんとか年間成績もトップタイまで引き上げることが

できたが、最終戦は大嫌いな旧江戸川。

もうおなじ旧なら旧吉野川とかで、

バスの大会にでもしてほしいくらい嫌いな旧江戸・・・

(関東じゃなくなってるうえに、魚種変えたらシーバスソサエティーではない)

駄々こねても仕方が無いので練習します。

まず釣り場に着いてみた第一印象。

        「人が居ない・・・・・」

日曜日はお天気も良く潮も中潮。

理由は明白で、海に面したエリアは鳥がぶんぶん!

また近隣の電波塔周辺も、一時ほどではないようだが

まだ釣れてるようで、この辺のアングラーはみなそちらへ

行かれてるのだろう・・・・

ああ・・・

オレもいっぱい釣れるとこでやりたい・・・・

ところがである!

20171008_065911


エバーグリーン アイアンマービー55 キビナゴフラッシュ にて

あれ?

20171008_070910


ルアーはおなじ アイアンマービー55

どうしたことか?

20171008_071524


おなじく大会に向けて闘志を燃やすMONKYさんも

釣り助さんでただいま発売中オリジナルチューンのアイアンマービーで!

          「なんか楽しいぞ♪」

ただ、ちょっとしたキモがあり、これは大会に向けて詳しくは書けませんが

色々試した結果、間違いなくパターン発見!(あえてダメそうなことも試した)

そしてボククラスになると

20171008_082037


こうした神業もやってしまうのです♪(人生二度目)

悲願の旧江戸初優勝へ・・・・

年間二連覇へ、あと二週間がんばります!

タックル

015


エバーグリーン ゼファーアバンギャルド ワイドアタッカー 92

ダイワ モアザン2510-PE-LBD

クレハ 完全シーバス 1号

クレハ グランドマックス 3号

| | トラックバック (0)

ショアスタイルバッグ!

コアマンより、この秋リリースされました

         「ショアスタイルバッグ」

20171004_064106_001


軽さ、コンパクトさ、膨張式救命具がつけられる・・・・

いろんなメリットがありますが、

私が強くオススメしたい箇所。

それは

20171004_064121


ここ!

サイドに設けられた腰あて?的な部分なんです!

まず、ここがしっかり体に沿わないと

バックは中身の重みでかならずよじれます。

そうしますと、今はどこのバッグやベストで採用してるような

プラスチック製のフアスナーでも、

快適に開閉できません。

また、このよじれた状態は、非常に中身が見難く、

ちょっとした小物はすぐにかくれんぼ!

ここがこのバッグ最大のウリだと思います。

またサイドに6箇所ついたD菅は、フィッシュグリップやランディングネットを

自分の好きな位置にぶら下げるのに選択の幅が非常に広く、

バックに入れとくとどうしても曲がる可能性の高い

ワームなんかは、ポーチにいれてぶら下げるのもアリでしょう!

この秋、オススメのベストです!

| | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »