« 金週終了 | トップページ | 鬼のテスト釣行! »

気持ちの良い惨敗

週末に開催されたWSS第一戦木更津大会。

連休中のプラからも、ロースコアが予想された今大会。

前日の雨、風が良い方向に状況を変化させるか!?

今回、大きなベイトの群れも少なければシーバスも少ない状況。

居つき狙いならCかDは常套手段ながら、

前夜の荒れ模様でシャローはゴミだらけではないのか!?

また、多少なりとも水深のあるエリアのほうが

なんとかなるんじゃないか!?

そんな読みは脆くも崩壊

112_2


PB20に来たカマス。

びっくりしたじゃーないか!

はい。自分の不甲斐ない釣りは今回置いといて

111


なんと!三本しか全体で釣れなかったうち

二本をキャッチという快挙で優勝の河合さん!

特筆すべきは、そのスコア以上に、そのプロセスであろう!

なんでも上陸直後、撃ちたかったテトラ向きのポイントに

大会に参加してない方が入ったそうで、

割り込みを禁止してるルール上、そこを外すまでは

全選手守っていることであると思いますが、

河合さんは、近寄ることなくプランを変更。

先行者にストレスをあたえることのない堤防中部で

一本目。

そして、先行者が完全に見切った段階で、本命視していた

ポイントで完全に優勝を決める一本をたたき出している。

文章にしてしまうと、立ち回りの一例になってしまうが、

勝負の懸かった場面で、プラン崩壊→リカバリーで一発目。

これは、先行者優先という極常識的なことでありながら、

・先行者さえいなければ

・俺があそこにたってたら

・なんなら割り込んじゃえ!

やっかみやマナー違反に対して、WSSが発足当時から

そんなつまらない釣りを変えていこうと活動してきたことの

象徴のような立ち回り。

そして叩かれてしまったポイント=スレの進行後からの二発目というのは

あきらかな技術の差で出した一発といえよう。

これもWSSが釣りをスポーツと位置つけ、常にイコールコンディションのなかで

技術を公平に競い、高めあってきた中で

数々の名場面があった中、このダメ押しの一尾にどれだけ

凄い価値があるか!?

言い訳は一切ない。

次回も、こんなステキで素晴らしいアングラーと対峙できることを

楽しみに、二回戦の荒川にそなえてまた日々勉強。

次回こそ結果をだすのみ!

|

« 金週終了 | トップページ | 鬼のテスト釣行! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357523/70582814

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちの良い惨敗:

« 金週終了 | トップページ | 鬼のテスト釣行! »