« WSS東京最終戦 三度目の頂点へ | トップページ | エクストリーム沖提 »

絶好調!東京湾アオリイカ!

今年のアオリイカは例年以上に数が多い!

そう感じてる方は少なくないはず!?

気象の影響なのか?

イナダがあまり入ってこなかった(食われなかった)からなのか?

それとも、誰かが大量に放流したとか?

ま、理由は何でもいい!

サイズも良くなってきた今、短時間でもいける時は行く!

まずは先週の平日朝!羽田から内房へ朝練という暴挙に!

流石に朝練といっても、明るい時間は30分くらいしか出来ない

(会社まで二時間は掛かることを考慮)

ため、エントリーは暗いうちに

いきなり

Dscf7721


エバーグリーン エギ番長 ピンクスギ(マーブル) 3号にて

モンゴウさんのお出迎え♪

ただ、狙って掛けたモンさんではなく、

着底後、一発目のシャクリで

        「乗ってしまった一杯」

これは納得いきません。

さて、暗いうちに各所叩いて、朝マズメの30分、

一番良い場所を探します。

数箇所見た結果、スミアト、風、潮位、ここがベスト!と思われる場所へ

入るといきなり

Dscf7724


エバーグリーン エギ番長 オレンジスギ 3号にて

同行してくれたMonkyさん。

ここまで3,5号のほかのエギで頑張ってましたが

アベレージがそこまで大きくないので3号をお貸ししたところ

瞬殺!

サイズもこの時期ならまあまあでしょう!

そしてその後はチェイスの嵐!

あまりにも小さいのは無視して、

大きそうなのに照準を絞りますが

あまりにも興奮(イカじゃなくてボクが)

しすぎてすっぽ抜けの連発!そして風もなくおだやかな朝ですが

鳥がやってきてシーバスのボイルスタート!

ちょっかいだしたMonkyさん、こちらも瞬殺で掛けて

瞬殺されてました!(ジャンプ一発でバラシ)

これは8時くらいまでやれればツ抜けもいけそうなくらい

な反応の多さですが、仕事に間に合わないといけませんので

この日は竿をたたみます。

お次は週末土曜日の午後。

次男の運動会があり、出発は午後から。

運動会の後ということもあり、食事は家族全員でということで

前回とは逆の今度は夕マズメ短時間勝負!

前回は内房で今度は横須賀エリア。

ここでも夕マズメのプライムタイムに一番と思われる場所を

探すために、明るいうちにチェック!

どこもコイカはうじゃうじゃ居ますが

なかなか良型が見当たりません。

そうこうしてるうちに日が傾きだしたので

ま、ここなら一杯は硬いだろうとうみかぜ公園へ

これが正解!村越さんは征海!(特に深い意味はありません)

20161008_170538


エバーグリーン エギ番長 オレンジスギ(金テープ)3号

いきなり好反応!

掛け切れないイカパンチ多数!

息子も水際で掛けるもバラシありーので

20161008_172643_2


エギは同じ

サイズアップ♪

日が暮れるまでの短時間ではありましたが

お土産も釣れたところでこの日もおしまい♪

両日あわせて三時間くらいしか実釣してないようなタイムテーブルですので

がっつり一日釣行すれば、まず間違いなく釣れると断言できる今の

東京湾アオリイカ!

エギング初めてみようかな?

そんな方には今シーズンのアオリイカ、本当にオススメです!

追記

さて初心者の方からベテランの方まで

16025010101_08

オススメはやはりエギ番長!

本当に誰がシャクってもきれいにダートするのはもちろん

(小学二年生のうちの子でもダートします)

テンションをかけてステイさせた場合も、

潮をかんでピタっと流れにたつ点や、

フォール速度もシャロー、ノーマル、ファストシンキング、エキストラファーストシンキング

と、釣り場にあわせたラインナップも充実していることから

システマチックにエギを揃えることが出来ます。

細かい説明やウンチクはさておき、とにかく「釣れる!」エギ番長。

あれこれと迷ったらぜひおすすめです!

当日のタックル

エバーグリーン スキッドロウ インペリアル テクニカルジャーク710

ダイワ 16セルテート2000

バリバス ライトゲームPE 0,4号

クレハ  グランドマックス 1,5号

|

« WSS東京最終戦 三度目の頂点へ | トップページ | エクストリーム沖提 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357523/67906056

この記事へのトラックバック一覧です: 絶好調!東京湾アオリイカ!:

« WSS東京最終戦 三度目の頂点へ | トップページ | エクストリーム沖提 »