« WSS伊勢湾大会へ | トップページ | お手伝いにうかがいます! »

WSS伊勢湾大会最終戦  遠いキーパーサイズ  

週末は土曜日をプラ。

日曜日が大会当日ということで

金曜日仕事を終えた後、東名高速を一人西へ走る。

時間には余裕を持って出発したので現地へは出船二時間前には

到着。

少し仮眠して最終戦の舞台となる霞一文字へ。

事前に表層への反応が良いと聞いていたので

マーズのブラボー(廃盤)をチョイス。

これは現地での状況を聞く限り絶対の自信があったので

フックはつけないでキャスト。

数投で反応が出たのでこれは当日のために温存。

つぎはコノシロが多少入ってると聞いていたので

ルドラ、セットアッパーで探るとこれもワンバイト。

ヒットには持ち込めない(ブラボーには針ついてないし♪)

ながら、朝イチのプライムタイムにやることは決まった。

だがこの後がいけない。

確実にキーパーを獲れると読んでいたソフトルアーが全滅!?

この日風が強く、昼過ぎにはさらに風があがる予報のため、

10時で早上がりの判断が渡船屋の船長から出ていた。

まあ大会も10時までなのでこれは問題ないんだが、

試合中盤から終盤のプランが全く無い状況でプラ終了。

帰港後、プラご一緒させていただいた地元のみんなと別れた後は

釣具屋で買い足したいものを追加して昼寝でもしようかと

海辺へ戻ってきたが、プラの成果が良くなかったので

ここで一人自主トレ開始!

エサ釣りのおじさんやおばさんにも色々話しを聞いて

少しでも伊勢湾を知る努力をしよう♪

各所うろうろして、水色の違いや狙いの魚の違い。

木曽三川の影響が大きいエリアだが

東京湾のような入り組んだ湾ではない伊勢湾。

実際目で見て感じることで、なにか掴めないか?

そうこうしてるうちに日が傾き始めたところで

着信があった!相手は波止スターこと上地さん♪

夕飯を地元の仲間達と食べようと約束をしてたのだ!

上地さん「どこにおるん?」

佐川「今、渡船乗り場近くで自主トレ中です!」

上地さん「ほんま釣りすきやね・・・・」

で、合流後・・・・・・

14595815_2159056770986983_770950031


宴がスターーート♪

14915489_666796283495809_5686143843


伊勢湾会長のイナローさん!

そしてWSS発足当時からお付き合いくださってる竹田津さん♪

14910551_2159056784320315_674469283


地元の名手の皆様も続々と♪

ここは飲んだ勢いでぽろっとシークレットネタが出る可能性大!

一字一句、聞き逃さぬよう集中したいところ!!!

ただ、だんだん飲むうちに楽しく&気が大きくなりだした佐川・・・・

佐川「明日も俺がてっぺんじゃ!ボケ!」(記憶に無いですがそう言ってたそうです)

へべれけになったところで解散。

数時間後・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

着信音で目を覚ますと相手は「前場さん」

はて?

もうついたのかな?

前場さん「あー、もしもし?もう船でちゃうぞ?何やってんだよ!?」

佐川「?」

飛び起きて急いで港に向かうと、二便目はまだ出てなかった!

イナローさんにまず謝らなくてはと、支度をすませ受付へ向かうと

佐川「すいません!寝坊しました!」

イナローさん「あーあ。起きちゃったの?」

これは、前夜の飲み会は・・・・・・

イナローさん「東京から出てきたヤツに二度も勝たれたらたまんないからね♪」

いかん!

完全にハメられとるやんけ!(関西二日目で言語がうつりだす)

で、大会スタート。

この日は前日とうってかわって風が収まった。

評判通り、ボイルもちらほら。

まずはブラボー。

隣では関西爆釣会(ここ数年参加されてませんでしたが10周年ということで参戦)

の松田さんもペンシルで反応させてます!

トップで一、二本キーパーが取れれば後が楽になる。

だが、前日とはアングラーの数が全然違う状況。

魚が浮いても沈むのも早いようで、

ここは作戦変更。

コアマン パワーヘッド12g+マドネス バクリーフィッシュ 銀粉イワシへ

この銀粉イワシ、「澄み潮&プレッシャー高め」に絶対の自信があるカラー。

例えば朝イチの漁港先端のボイル撃ち!みたいなシチュエーション。

数人が並んで同じボイル目掛けてルアー打ち込むような状況でも

飛距離の勝負(ワームなのでジグには飛距離で勝てない)にさえならなければ

圧倒的な強さを見せるこのセット。

タックルを持ち替えて同じ場所に入るといきなりゴン!

まずはノンキーながらとりあえずキャッチ。

いくら釣っても大会中意味は無いが、反応が出たことは

流れをつかむきっかけにはなる。

続けざまにキャッチもノンキー。

またノンキー。

四本目でようやく

20161030_073506


リグは前記したパワーヘッドにバクリーの銀粉イワシ

46センチと、なんとかキーパー。

この後もノンキー。

大きく移動もノンキー。

6本獲ってキーパー一本・・・・・・・・

高い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

40センチの壁が高い・・・・・・・

無情にも試合終了。

20161030_115439


上位の皆様♪

優勝された藤原さんは70アップを含む

三本で180超えのスコア。

そんなデカいのどこにおったんや!?(涙)

自分はウエイイン11名中10位とふるわず

年間優勝も、前回準優勝の松本さん(今回6位)にひっくり返され

無念の2位。

関東、三重、二大会制覇はなりませんでしたが

10周年記念大会ということで、会長や、普段会えない関西の方にも

大勢会えた楽しい大会でした。

そして、関西の若手が優勝した場合の伝統儀式

20161030_122748


爆釣会の皆様による、賞金奉納の儀(別名 カツアゲ)も

滞りなく執り行われたのでした♪

参加された皆様、運営の皆様、ありがとうございました♪

タックル

ミノー、ブラボー。

ゴールデンミーン アウトレンジ 90L

ダイワ モアザン 2510ーPE-LBD

クレハ 完全シーバス 1,2号

クレハ グランドマックス 5号

ワーム

エバーグリーン スキッドロウ インペリアル 92スラックジャーク

シマノ       エクスセンスLBC3000PG 

クレハ    完全シーバス 0,6号

クレハ    グランドマックス 2号

|

« WSS伊勢湾大会へ | トップページ | お手伝いにうかがいます! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357523/68193102

この記事へのトラックバック一覧です: WSS伊勢湾大会最終戦  遠いキーパーサイズ  :

« WSS伊勢湾大会へ | トップページ | お手伝いにうかがいます! »