« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

アジング&アオリ便

週末土曜日の夜は

おなじみラッキークラフト、フィッシュアロー、テスターのSAWAさんボートへ

アジング&アオリイカで。

いつも船はピカピカのSAWAさんボート、

イカ釣りのリクエストは正直お願いしにくかったんですが

前回、竿流されてからも周辺のおかっぱりはかなり調子よく、

今回は無理を言って朝はアオリを♪

まずはアジ。

O0566078013757270213
アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5g+ スロットル アジスケ 2,5インチ にて

いきなり良型♪

この日も各所、実績ポイントから

マイナーなポイントまでくまなくやります。

ニゴリのキツイエリアは比較的、アタリが

少ないようで、SAWAさんオススメポイントへ

入ると・・・

Dscf7691

これもおなじジャックアッパー+アジスケ(カラーはオレンジ)

ここで入れ食い状態に!

釣れば釣るほどタナが浮いてきます。

ここで

Dscf7694

おなじジャックアッパー 1,5g+エバーグリーン ギムレット2インチ にて

ここでワームのサイズを小さめに。

エサつりの基本。

食いが渋いときはエサを大きく、活性が高いときは食い込み重視で小さめに。

タナもコースも完璧にわかった状態では、

掛け損ねをなくすべく、吸い込み重視にシフト!

いい加減釣ったとこで移動。

今度は20メーターライン。

Dscf7696

ジャックアッパー 0,6gをつけたキャロに、ワームはアジスケ。

Splitsinker1


ゴム管で簡単に装着可能なこのシンカー。

差し替えるだけでウエイト調節も出来るので便利です♪

船の潮下にリグをなじませ、ドラッギングで数を伸ばします!!!

そしてキャロには現在、開発中の新しいゴールデンミーンの

アジングロッドでやりましたが、これも良い感じの仕上がりで

ジグ、シンカーのウエイトがしっかり乗る竿先ながら

ダルさはなく、仕上がりが楽しみな一本。

基本的にアジの竿は加地さんと高木さんにお任せですが

私的にもお勧めの竿になりそうです♪

そしてアジングラストは

天才マメアジが群れるという常夜灯の下へ!?

なんでも、ボイルするくらい活性が高いときでも

なぜかセレクティブだというこのポイント!?

この日も、確かにボイルしてますし、

アタりはあれど、確かに乗らないぞ!?

ここは再度、ギムレット登板!

ヘッドも0,6のジグ単で

Dscf7704

一撃!

これから始まる外房のマメアジが楽しみなワームです♪

さて、アジのほうはここでおしまい。

夜も明けてきたトコでアオリへ!

つくと、まずはSAWAさんトイレタイム。

SAWAさん「気にしないでやってて。」

佐川「はーい♪」

SAWAさんがトイレの間にいきなりヒット!!!(エギ番長3号オレンジスギでした)

佐川「きましたー!」

SAWA「おい!早ええぞ!」

浮いてきたのは残念ながらシンコちゃん。

佐川「小さいんで逃がしちゃいますねー!」

SAWAさん「あー。そー。」

だが事件は起きた!

ひょいっと持ち上げ、エギをひっくり返そうとした瞬間

                 「ドビシュ!」

あろうことか、上空目掛けスミ噴射!

ボートへ墨の雨が!!!!!

あわててバケツで流そうとしたら

墨が伸びてえらいことに!

そこへトイレを終えて、出てきたSAWAさん

SAWAさん「てめー!やりやがったな!?」

佐川「すいません!すいません!すいません!」

SAWAさん「そしてお前、水でごまかそうとしただろ!?」

佐川「すみません×500回」

O0560077613757270199

仲間がトイレにはいってる間にぬけがけしようとした

バチがあたった週末でした(涙)

タックル

アジ

サオ ゴールデンミーン JJ MACK AIR 511

                                 プロト アジングロッド 68

リール   シマノ    レアニウム & アルテグラ 1000

ライン     バリバス アジングマスター 0,3号(エステル)

                ライトゲームPE 0,2号(PE)

リーダー   バリバス アジングマスター 0,8号 (フロロ)

イカ

竿 エバーグリーン スキッドロウ インペリアル ウイップジャーク72

リール ダイワ   ルビアス 1000

ライン  バリバス アバニエギング マックスパワー 0,6号

リーダー  クレハ  グランドマックス  1,5号

| | トラックバック (0)

アオリイカ調査ウイーク! 

この週末はがっつりアオリイカ♪

まずは土曜日。

子供達とドライブをかねて金沢八景周辺をうろうろ。

エサ釣りでベラやフグなんぞと遊びつつランガン。

夕まずめにはいった漁港で

20160918_163542_2

ヤマリヤ エギ王Q 3号

みーつけた♪

ボクがやるには忍びないサイズでしたので

子供達に♪

今年は湧きが良いと聞いてはいましたが

サイトで見えるイカの数も多く、これは今シーズン楽しみ!

翌日は野島沖提へ。

こちらはもうシーズンインを感じさせる釣れっぷりで

1474435390151

エバーグリーン エギ番長 3号 オレンジスギ にて

朝イチこそ、追ってはくるけど抱ききらないイカに

翻弄されましたが、ご覧のオレンジスギにチェンジして

怒涛の5連発!

イカの反応の仕方がまるで違う!!!

続にイカはカラーの識別は出来ないなんていうが

この状況で、このカラー以外に負ける気がしない!

そういい切れる高反応で、

これは昼までにつ抜けは余裕の展開!!!

ただここで悲劇が・・・

イカを入れていたバケツの水を替えようと

ロッドを置き、水汲みバケツで水を汲もうとした瞬間。。。。。。

               「ドバーーーーーーーーーーーーーン!」

タンカーの引き波か!?うねりか!?

突如襲い掛かった波にタックル&イカ全て流されてしまった!!!!!!!!

ロッドはスキッドロウ!(号泣)

リールは先週買ったばかりのセルテート!!!(悲鳴)

あわてて竿を救おうとネットを出すが底まで届かず、

予備の竿にハリつけてボトムをズルズルも、

迎えの船が来るまで救助できず(涙)

天国から地獄へ落ちたような釣行になってしまったが

今年の秋イカ、熱い手ごたえ充分!

オススメです!

タックル

エバーグリーン スキッドロウ インペリアル テクニカルジャーク710

ダイワ 16セルテート2000

バリバス ライトゲームPE 0,3号

クレハ  グランドマックス 1号

| | トラックバック (0)

パターン構築そして崩壊

昨日は仕事をバックレ、霞ヶ浦水系へバス&タナゴ♪

メンバーはてっぺーちゃんと。

出発は朝マズメを逃さぬよう一時。

霞水系へは家から一時間ちょい。

どう考えてもおかしい時間だが、

この時期、夏パターンから秋へと移行しつつある現地の

状況を肌で感じたい。

異例の出発で現地へは三時に到着。

まだ真っ暗でとても釣りできない状況。

まずはコンビニへ。

夜食をむさぼるついでに、店員のおばちゃんに情報収集

佐川「夏ならカブトムシとかも飛んでくるんですかね?」

店員のおばちゃん「お盆くらいまでは良く飛んできますよ!」

佐川「最近はもう流石にいないですよね?」

店員のおばちゃん「最近は見ないですねー!」

ふんふん。

季節は確実に秋になってるな・・・

店の外の街灯下をチェック。

お店の掃除がしっかりしてるようだ。

カブトの角など残骸もない。

また、蛾などの死骸も見当たらない。

このセブンイレブンの店長、なかなかしっかりしてるな・・・・・

そんな折、

                「ブーーーーーーーーーーン」

一匹のカブトムシが街灯をかすめ、駐車場脇の畑へ落ちていった!

佐川「こ!これは!?」

この一匹のカブトムシが大きなヒントとなるとは・・・・

夜が明けるまで仮眠後、向かうは流入河川のさらに流入する水路。

まずは魚の顔が見たいので

エバーグリーン ボウワーム6インチのネコリグから。

すぐさま

20160907_052604


かわいいサイズが。

完全落ちパクで、上を意識したバイト。

エリア的にも夏な場所、

そして先ほどの一匹のカブトムシ・・・・・・

そしてロッドは

01095031_08


エアレギウス!

虫や・・・・

そう!

俺の夏はまだ終わってないのだ!

このタイミングで

20160907_054026


てっぺーちゃんにも同じようなサイズが

佐川「写真撮ろうか?」

てっぺーちゃん「こんなサイズの写真いらねーっすよ!」

口が悪いことで一部地域で有名なこの後輩・・・・

20160907_054027

(イメージ画像)

横の土管から水出てくればいいのに・・・・・・

さて、この状況、

バスが上を意識してるならと、

ここでルアーをエバーグリーン ワンズバグへ。

葦際へ落とし、強めに水を押してステイ。

このワンズバグ、ロッドワークで首振りから、ダイブ、までしっかり意図的に動く

非常に使いやすいポッパー。

ネチネチと動かしたあとは、軽快に首振ってからのポーズ・・・

ここで

              「チュボ!」

20160907_054403_3


水面を割ったのは40チョィ足らないくらいのサイズ!

コンディション抜群の一発にすぐさまおなじコースで

もう1発ガボン!

だがこれはすっぽ抜けてしまうも

ここまで実釣時間一時間未満!

こりゃ今日は10本以上イケるんじゃね?

まだまだ夏を引きずった展開と読みランガン開始!

と、このブログの展開でこの後爆釣を期待したそこのあなた!

                  「私もそう信じてました・・・・」

これが大誤算!

どこもかしこも減水しまくりの状況で

行くとこいくとこ水がないw

本湖で見つけたタナゴの群れを撃つも

20160907_164900


はい。

ずいぶんデカイタナゴですこと。

本命はチビバラ二匹と撃沈!

無情にも夕刻をむかえるのである・・・・

夕暮れの風は秋を思わせる心地よい肌寒さ。

ロッドティップに留まった赤とんぼが季節の移ろいを教えてくれた

一日でした。

タックル

エバーグリーン コンバットスティック ヘラクレス エアレギウスLTS66ML

シマノ 16アルデバラン

クレハ R-18フロロリミテッド 8ポンド

| | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »