« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

久しぶりのボートアジング!

みなさまお久しぶりでございます!

先週は激務につき、ブログお休みさせていただいた佐川です。

それでも釣りにはいってますよ!

なんつって、デカイ魚獲ってるのが

一流のプロなんでしょうけど

Dscf6990


ダイワ スイッチヒッター140 にて

好調河川へ出かけるも

この奇跡的に小さいマゴチのみだったり、

釣り場につくも、先行者の方多数で

釣り場に行っただけ(ルアー投げず)と、

なかなか思うようにはいかないですが、

そんな週末金曜日、SAWAさんより

アジング調査便のお誘いが♪

まずは定番ポイントで

Dscf6991


SAWAさんにカサゴ♪

お得意のメタルジグでテンポよく探っていく作戦のご様子。

自分も負けじと

Dscf6993


アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5g+スロットル アジスケ にて

あわや尺超えたか!?(実際はちょこっと足りない)

巨大カサゴ登場♪

この日はあくまでいろんな場所を調査して

来るべき晩秋のハイシーズンに向けたプラが目的。

定番の場所も、もちろん探りますが

普段やらない場所も、この日はかたっぱしから

やってみます。

アジの反応薄めなこの日

Dscf6994


秘密のカサゴポイントを案内してもらいましたが。

Dscf6995


アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5+ウミゲラ にて

この日は小さいのが多かったですが

入れ食いなんてもんじゃない魚影・・・

恐るべし!秘密のポイント!

さてさて、アジのほうですが

Dscf6996


アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5+ スロットル アジスケ にて

今回、初めてやったエリアで、特に爆裂はなく、

定番ポイント、やはり強し!な印象。

その中でも、ボトムの地形にちょっとした変化があるとないとで

アジのつき方がぜんぜん違ったりするのが面白く

Dscf6999

SAWAさんも

Dscf7002


連発した場所は、ほかの船とバッティングで即終了(涙)

でも

Dscf7004


あーでもない、こーでもないと

いろいろやって拾ってく展開も楽しいです♪

そしてこの日は

Dscf7003


メバルもド級が!?

ロックフィッシュ狙いなら

どちらもランカー確保!ってブログ書けたのに

アジング便なので外道。

難しいですなぁ・・・・・・・・

Dscf7005


あと、自分が使ってるアルカジック ジャパン の

       「ジャックアッパー」

このジグヘッド、流行のオープンゲイプに反して

針先がネムッた、ムツバリタイプをあえて使用。

いろんなウンチクがあるとは思いますが、

はっきりいってバレにくい。

これだからといって手返しが遅くなることはない。

(そもそもオープンゲイプで手返しが早くなるというのがよくわからない)

アタリはちゃんとでる。

デメリットはほとんどなく、並んで釣りして

ボロクソに釣り負けるなんてことは無く、

むしろ確実にバレは減ったと断言できます。

(もちろんオープンゲイプでも良いジグヘッドはたくさんありますので)

ぜひお試しいただければと思います♪

さてさて当日は

Dscf7007


サイズは15~25くらいとまちまち。

幅広のアジは帰宅後お刺身と、あまった部分はから揚げでいただきました。

これもアジングの醍醐味。

シーバスにアジに忙しくなりそうです!!!

追記

先日紹介した

Tx_img_r_453_l


パズデザイン ウインドガードパーカー &パンツ。

こちらを、上着なしでボートで着用しましたが

特別寒い日ではなかったにせよ、10月後半の夜の海で

問題なく過ごせちゃいました!

寒がりな方には間違いなくオススメできます!

詳しくはパズデザインHPhttp://www.pazdesign.co.jp/

タックル

ゴールデンミーン JJ MACK AIR 511

ダイワ ルビアス 1000

バリバス アジングマスター 0,3号(エステル)

リーダーにはおなじくアジングマスターの0,8(フロロ)を接続。

| | トラックバック (0)

オムツのプロトか!?

前回のログをあげた直後

Dscf6985


パズデザインから荷物が!?!?

これはもしや・・・・・

Dscf6984


プロトタイプオムツ!?

流石パズデザイン、仕事早いな!

と思ったら・・・

Tx_img_r_453_l


中身はこちら

Ts_img_r_1021_l


ウインドガードパーカーと!(モデルはパズデザイン コジールです)

Ts_img_r_1025_l


パンツのセットでした!

なんでも

Ts_img_r_1026_l


三層になったスエットだそうで、

こんなん送ってもらったら釣りにいきたくなっちゃうのが

釣り師というもの!

早速着込んで釣り場に向かいます!!!

ところが、道中の車内で気がついたこと・・・・

それは

        「まだこの程度の寒さでこれをインナーに着たら暑すぎる」

というのも、この下にはシャツ一枚、

オムツ一枚という状態ながら、

車の中に居ると暑いくらい暖かいではないか!?

これからの時期、防寒のインナーとして。

また道中着るものとしてこれは重宝しますね!

というわけで、釣り場でこれ脱いでしまったため

写真のモデルがコジールでした♪

さて釣果のほうは

Dscf6988


エバーグリーン ストリームデーモン にて

前回、大型の魚の気配が濃厚だったエリア。

この要因はベイトが変わったことが考えられる。

ここのエリアもコノシロの回遊が、大型の魚に

スイッチをいれる重要な要素。

この日はデーモンと心中しにきましたが、

出てきたのはデーモン良く食ったな!?

というようなサイズ・・・

同行のMonkyさんは

Dscf6989


カマスのみ・・・

釣果のほうは寒い夜でしたが、

今年の冬は暖かくすごせそうなアイテムゲットで

ますます釣りに行きたい佐川でした♪

タックル

ゴールデンミーン アウトレンジ 88L

ダイワ 13セルテート3012H

クレハ 完全シーバス 1,2号

クレハ グランドマックス 6号

| | トラックバック (0)

決意の夜

ウエーディングマニアのなかに

Dscf6976

         「オムツをはいて釣りするジャンキーが居る」

というウワサをはじめて耳にしたのはもう10年以上前の話。

当時は「なにもそこまでしなくても。」と、特に気にもしない話だった。

ただ潮位しだいではオシッコも出来ない状況になる

干潟のウエーディング。

この過酷な状況下において、アングラーとしての

ポテンシャルを最大限に引き出すには

やはり、この

           「したくなっちゃったらどうしよう・・・・」

という不安を払拭できなければ

最高のパフォーマンスを見せることは出来ない。

今年36歳を迎えた佐川洋介。

赤ちゃんはとっくに卒業。

ボケるにはまだまだ早すぎる。

そんな年頃であるが、やはりプロアングラーとして

高みを目指すうえで、この夜ある決意をした

Dscf6983

          「オムツ装着」

この日はKSJボス ともさん、 mokzoさんというメンバー。

佐川「三枚あるんでよかったらどうぞ!」

ともさん、mokzo「死んでもいやだ!」

この日オムツを持ってきて、レイガードを忘れるという佐川。

だが、入水してみてどうだろう。

今までアカエイは何百回踏んだかわからないが、

実際に刺されたことはないのに対して

ウエーダーの中に脱糞してしまったことは数知れず・・・・

           「これ・・・いいかも・・・・」

お漏らしの恐怖から開放され、翼の生えた佐川

Dscf6977

エバーグリーン アベンジャー125 コットンキャンディーにて

いきなり良型!

ここでともさん、mokzoさんも出しますが

こちらはセイゴクラスだったもよう。

これはキタか!?

オムツを履いた佐川

Dscf6983_2


         

           「最強伝説!」

ところが

Dscf6979

ジップベイツ タイダル123 にて

ここでmokzoさんにあわやランカーか!?

というサイズであっさり今日イチを抜かれます(涙)

だが、オムツを履いた佐川はここで終わりません!

ともさんとのダブルヒットは

Dscf6980

佐川 上記とおなじアベンジャー125

ともさん ダイワ スイッチヒッター85

ともさんカマスで佐川シーバス!

今日はヤられてもすぐやり返す粘り強さがあります!

これぞ

Dscf6983_3

          「オムツ効果!」

だが、ここから佐川、乱調が始まり

Dscf6981

BANZAI スーパーハグハグ にて

mokzoさんに良型連発!

隣に行くのもしゃくにさわるので、

反対側にズレたらアタリゃしねえ・・・・

そして

Dscf6982
リード フィール100

ともさんは目先を変え、少し水深があるエリアで

下げも止まりきった状況から

ルアーのサイズを下げて口を使わせます。

うーん・・・・

オムツ効果・・・・

お漏らししても大丈夫な安心感こそありますが

Dscf6983_4


         「釣りが上手くなるわけではない」

ただ、メンタル面での安心感は釣りへの集中力をあげることは間違いない。

今後は「オムツ」推進派としてがんばっちゃおう♪

夢はでっかくパズデザインオムツの開発!

追記

Item_img117_m_t


自分のように何回も踏んでも刺されないラッキーな人間もいれば

初めてのウエーディングでいきなり刺され病院送りという知り合いも居ます。

決して安いものではありませんが、

パズデザイン レイガードはオススメです!

タックル

ゴールデンミーン アウトレンジ 82L

ダイワ モアザンブランジーノ 2510-PE-LBD

クレハ 完全シーバス0,8号

クレハ グランドマックス 4号

| | トラックバック (0)

爆風干潟

連休初日は家族でディズニーランド。

ハロウィンとやらで、まー混んでること・・・

ポップコーン買うのに人生の大切な時間を

40分も費やすというのはいかがなもんか!?

そんな疑問を抱きつつも、久しぶりに乗った

カリブの海賊にはジャックスパローがいたり、

新しいアトラクション(名前は忘れた)も

乗ってみれば

        「楽しいね♪」

家族サービスをしたあとはもちろん釣り!

連休二日目日曜夜はおなじみカラスさん、そして久しぶりに

ご一緒させていただく、ゆなじろう氏の三名での出撃。

ところがこの日、南西の強風が吹き荒れる状態。

アクアラインの風速計は14メートル。

吹流しは真横にピョーン!となってるではないか!?

これはどうしたもんか!?

待ち合わせのコンビニに集合して作戦会議。

佐川「いやー、この風は参りましたね!」

ゆなじろう「なんか俺くるといつもこうだね♪」

カラス「シケじろう!なんちゃって♪」

佐川、ゆなじろう「面白くねえから。」

こんな状況を前にとーさんの冗談にもキレはなく、

協議の末、とにかく釣りが出来るとこでとりあえず竿をだそうということで一致。

釣り場へ向かう。

ところが着いてみると、ハイシーズンの週末の大潮、同じことを考えてるのは

皆同じ。

沖にはバックライトがつきまくり、まるでナウシカのオウムの群れ状態・・・

はてさて?

もはや一声かけてもとてもじゃないが出来そうもないため

先行者の並ぶ方向とは逆の

風がよけられない方向での釣りを余儀なくされる。

そして不幸な事は続くもんで、

入水直後にウエーダーを破くカラス氏・・・・・

カラス「俺、もう帰る(涙)」

佐川「せっかくだからちょこっとやりましょーや!」

開始早々

20151011_200420


エバーグリーン アベンジャー125 ヒットマンブルー にて

あれ釣れた!!??

そして連発(これは秒殺でバレる)

これはイケるのか!?

と、思ったがイケなかった・・・・

吹き荒ぶ爆風に釣りどころではなく

カラスさん、ゆなじろうさん両名もヒットしますが

楽しく釣り!というより完全に

                   「修行」

となってます(涙)

そんな状況でウエーダー浸水のカラス氏が離脱。(帰宅)

そして、自分はここんとこお腹がゆるいことが多く(前からか!?)

風が強く、お腹が冷える可能性の高いこの日は

いつ、お尻のダムが決壊するかわからない

非常に危険な状況。

仲間のウエーダーが破け、次は俺のウエーダーがクソまみれでは

あまりにも悲惨な釣行記になってしまう。

そんな過酷な状況ながら

いちおう上げもちょこっと粘り

最後に微妙に盛り上がりをみせ、

セイゴちゃんからの

20151012_002623


リード リバード ライムチャートイワシ センタープレート にて

スズキさん登場で終了となりました。

この貧相な結果を状況のせいにするのは

プロアングラーとして失格。

こんなときこそ圧倒的な釣果をたたき出すのが

プロとしての宿命。

この結果を踏まえ、私はアングラーとして。

ひとつ大きな決断をすることにしました。

翌日の釣行に続く

タックル

ゴールデンミーン アウトレンジ 82L

ダイワ モアザン ブランジーノ2510-PE-LBD

クレハ 完全シーバス 0,8号

クレハ グランドマックス 4号

| | トラックバック (0)

負の連鎖

本当にここ二週間くらいいいことがない・・・

まずは先週のWSS最終戦・・・

博打をうって、本部から一番遠いエリアに賭けるも

Dscf6949

コアマン パワーヘッド9g+マドネス バクリーテール 佐川シークレット にて

ノンキーこそ連発も、

キーパー出ず・・・

そしてあわてて戻ったエリアは

Dscf6950

写真は宿敵 前場さん。

すでにジアイ到来で、良い場所、悪い場所がはっきりした状態。

こうなると良いエリアはどうしても人が集まるため

入るスペースは当然ない・・・

空いてる場所でイジけて投げるもスレのみ

Dscf6952


上位入賞の皆さん、おめでとうございます♪

佐川の2015年が終わる。

気を取り直して今度は干潟!

mokzoさんと待ち合わせは、

はしゃぎすぎの7時。

この日のほぼ満潮時刻である。

流石にまだ入水できる潮位ではない・・・

mokzo「どーしますかね?」

佐川「ちょこっとおかっぱりやってく?」

このちょろり寄り道がヤバかった!

超ドメジャー橋脚明暗なのにこの日はなぜか先行者ゼロ!

フッコクラスながら入れ食いだ!

mokzo「佐川君、写真撮りましょうか?」

佐川「あー、デジカメも携帯も車だからいいよ!干潟でもっとデカイの釣るし♪」

mokzo「釣れてる人は言うことが違うね♪」

そう、そして肝心の干潟は

20151002_231135

プエブロ ピットブル にて

このセイゴ一本で終わる・・・・・・・

歩いた距離は、橋脚の下へのエントリー50メートルに対し、

干潟は余裕で1キロ以上・・・・・・

なんでこーなるかね!?

そして、折れない男佐川、先日のアオリ釣行からしばらくたつので

そろそろ少しは大きくなったかな!?

と、釣行も

Dscf6955

ヤマリヤ エギ王Q 2,5号 にて

ちっちゃくなっちゃった!

あー!ちきしょーーーー!

| | トラックバック (0)

掲載紙です!

1210765_p


毎号、釣り場紹介を書かせていただいてます、

シーバスマガジン。

今月も書かせていただいておりますので

ぜひよろしくおねがいします♪

そして、こちらは

Hyou1_211


ナント、アジング専門誌!

それもカラーで登場!?

まだまだ始めたばかりではございますが

東京湾のアジングをレポートさせていただいとります。

ガチでやりこんでる方には参考にならないかもしれませんが

暖かく見守ってやってください♪

よろしくおねがいします!

| | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »