« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

猛爆!アジング!

昨夜はカケル君と外房へアジング。

シーバスでも、ワームを使った釣りが得意なカケル君。

アジングの方もかなりハマってるそうで

お互い家族サービスで忙しい連休中ではあるが

家族が寝てる時間限定での出撃となった。

んで、釣り場に着くと

111

アルカジックジャパン ジャックアッパー0,8g+レイン アジキャロスワンプ

一投目からアタリまくり!

ただ、サイズはご覧のお豆さん。

でも、アタリが沢山あることは素晴らしいことです。

なんせ、小雨交じりの昨夜の状況で

30分もアタリがなかったら気が狂ってしまいます。

112

長いワームを使い、小型を避けて大型のアジを狙うカケル君も、

豆の猛攻に苦笑い。

113

上のサイズがアベレージ。

ジャックアッパー0,6gにアジキャロスワンプ。

比べてもらうと、かなりお豆さんであることがわかります。

115

アルカジックジャパン ジャックアッパー0,6g+レイン チビキャロスワンプ

カケル君も入れ食いでいそがしそうなので

セルフで撮ってみました♪

ワームのサイズを下げたところ、もうキャストして

帰ってくるときにアジがついてないことがほぼない状態に。

素晴らしいです。

そして

116

アルカジックジャパン ジャックアッパー0,8g+レイン チビキャロスワンプ

本日のビッグワン!

         「ビックワン」

と言われても、ピンとこないでしょう。

はい。

20センチちょいです。

でも、これが一番デカかったので

ビッグワンとさせていただきます。

この日のポイントは昼間、漁業関係者が

作業をするため釣りが出来ない港。

だんだん食いが悪い時間も出てきたり

117

外道のサバが混ざりだしたりで

この日は朝マズメはやらないで竿をたたむことに。

でも、賞味四時間ちょいで

118_2

89匹!

カケル君は最後まで大型にこだわり続けたので

数の方は50匹弱だったようだが、

この入れ食いにはご満悦のご様子♪

さて、自分は今夜から

シーバス

アオリイカ

アジ

のトリプルヘッダーで今年の竿収めに出撃して参ります!

24時間でどんだけ釣れるか。

有終の美を飾れるよう

がんばってまいります!

タックルだ!

竿 ゴールデンミーン JJMACK AIR68

              JJMACK AIR73

リール  ダイワ    13ルビアス1000

      シマノ     レアニウムC2000

ライン   バリバス  アジングマスター0,2号&0,3号(エステル)

リーダー  バリバス  アジングマスター 0,8号(フロロ)

| | トラックバック (0)

プレゼント企画ですよ!

ゴールデンミーンよりプレゼント企画のお知らせです!

10847871_385701968265210_4212975027

安くて軽くて使いやすい!

人気のウエーディングネットの限定パープルプレゼント!

抽選で5名様に当たるそうです!

以前ご応募いただいた方の応募が出来ない

というトラブルがあったようですが、

WEBのトラブルも改善。

以前に応募いただいた方にも

応募してもらえるようになってます!

http://www.golden-mean.co.jp/

ランディングはもちろん、

不意にヒットしてしまったアカエイからルアーを

外したり、微妙に手が届かない水深にひっかかった

ルアーを外したりと、何かと便利なネット!

ウエーディングの際は自分も必ず持って行きます!

ぜひ沢山のご応募お待ちしてます!!!

| | トラックバック (0)

緊急告知!Blast新年会!

今年は忘年会がなくて

さみしいなと思ってたら・・・

      「新年会やるそうです♪」

61

今年もやります!

日時は一月九日。川崎駅周辺だそうです!

詳しい時間と店は人数が決まり次第

予約するそうです!

Blastのメンバーへの連絡先がわからない人は

ボクに連絡ください!

知らない人も大歓迎です!

ボクの&Blastの連絡先知らない人ダイヤル

070-5546-8781

ここへ電話ください!

締め切りはなるべく早く連絡ください♪

| | トラックバック (0)

夢の大魚の・・・

週末は房総へ。

先週、釣り仲間であり、この地のエキスパート、鈴木君が

とんでもない怪物を仕留めた

29

14キロのヒラマサ。

それもショアからの釣果。

ルアーは自身がスタッフを務めるジャンプライズのララペン。

釣り人として、スタッフとして、本当にデカい大仕事をやってのけた。

私は大物にこだわるスタイルではないが、

大物を釣ってみたいのは釣り人として普通に思う物。

挑戦すらしたことないが、彼のこれまでの道のりを色々話で聞いてる

だけに、本当におめでとうと。

そして自分も・・・・・・

28

普段はまずもってかないギンバルをそっと忍ばせ

深夜に家をでる。

この日は地元の先輩、カズヤ君、けんちゃんとの釣行。

まずは漁港でアジング。

最近の自分のハマりっぷりを見て

やってみたいとのこと。

こちらはついてすぐに

21

アルカジックジャパン ジャックアッパー0.8g+レイン チビキャロスワンプ

裏切りません♪

24_2

これもおなじリグ

さてさて、これまでいろんなジグヘッドを試した中で

今これがマイブームなアルカジックジャパンの「ジャックアッパー」

なんといっても、バレないこのジグヘッド。

フックサイズが10番からと、若干大きいため

豆アジへのフッキングはどうなのか?

ここだけが気がかりだったが、

まったく問題なし。

25

すっぽり♪

26

このクラス(ジンタ)もバシバシ掛かります♪

シーバスでも、あまりジグヘッドの種類を変えない

(シーバスはコアマンパワーヘッドが釣行の90パーセント)

私。アジングはジャックアッパーが一つの柱になりそうだ。

27

あっというまにバケツ一杯♪

さてさて、あまりアジにお熱になってると

今日の本命が間に合わなくなってしまう。

このあとサーフへ移動。

なんでも、けんちゃんによれば、先週鈴木氏のヒラマサが出た

タイミングでこちらもヒラマサとおぼしき大物があちこちで

ヒットし、みんなラインブレイクされてるのを何度も見たらしい。

さあ!勝負だ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところが予想以上にデカいウネリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フルキャストしても、崩れた波の向こうまでなかなか飛んでません・・・

こんな時こそ集中。

些細な重みが掛かるたびにアワセ!→海藻

アワセ!→ビニール袋

アワセ!→軍手

終わってる・・・・・・・・・・・

そう。

そんな夢みたいな状況なんて続かないもんだ。

結局手にしたのは

夢の大魚の

        「ベイトだけだった(涙)」

夢の大魚(のベイト)を釣ったタックル

竿 ゴールデンミーン JJMACK AIR68

リール シマノ レアニウム2000

ライン バリバス アジングマスター1,5ポンド(フロロ)

リーダー バリバス アジングマスター 3ポンド(フロロ)

| | トラックバック (0)

強制釣行

年末年始

お酒の席が何かと増えるこの時期。

先日も釣り仲間とドンチャン騒ぎで記憶を無くした佐川。

朝起きてみると、汚れた下着が数枚・・・・・・

当然、奥様は激怒。

週末は自宅謹慎となってしまった(涙)

ところが、土曜日の晩。

イジケて部屋で釣り道具眺めていると

奥様「なにしてんの?」

佐川「釣りにいけなくても、釣り道具いじってるだけで楽しいから・・・」

奥様「ふーん。まあちゃんと明日買い物つきあうなら、行って来れば?」

          「女神様降臨!」

先日、酔いつぶれてミソパン作っちゃった時は

地獄先生ぬーべーの坂上忍みたいな顔してたかみさんが

女神様に見えた♪

さてそうとなれば、早速アノ人に電話!

先日も釣行のはっしさんだ!

佐川「あ!もしもし?急に行ける事になったんで、例の場所で!」

はっし「あのー・・・今忘年会の最中で・・・・」

佐川「大丈夫です!自分も釣具屋寄っていくので!」

はっし「いや、明日も朝からサワラの予定が・・・・」

佐川「と!いうことは、お酒飲んでませんよね!?」

はっし「ええ・・・・まあ・・・・・」

佐川「じゃあまってますから!ポチッ!(電話を切る)」

釣り場に着くとすでにはっしさんの姿♪

佐川「いやー!あんたも好きねー!」

はっし「お前が無理矢理呼んだんだろうが!」

はい♪釣り開始♪

ところがこの日のアジはご機嫌斜め。

51

アルカジックジャパン ジャックアッパー 1g+レイン チビキャロスワンプ にて

とりあえず一本出てからぜーんぜんアタらない。

水温もだいぶ落ちて、乗り合い船のアジ釣りなんかの

やってるエリアもだいぶ深くなってきた。

どーしたもんか?

ここであえて少しジグヘッドもワームも大きい物へ。

渋い=小さく

しがちだが、エサ釣りの基本は

渋い=エサは大きくつける!

これがハマった!

52

アルカジックジャパン ジャックアッパー 1,5g

レイン アジキャロスワンプ にて

重いジグヘッドでしっかりと深ダナをキープ。

そして、アクションをいれた後のフォールでしっかり食うタナへ戻す。

53

連発!

ここであまり反応がないというはっしさんにも

ためしに同じワームにしてもらったら

アタリが出だした!

55

これも同じセッティング

少し余裕が出来たので、元のセッティングをいれると

かすりもしない。

ここまで差が出たのは面白かった!

そして更に色々思案する。

例えばこれでさらに食い込みが悪いようなら

ジグヘッドを小さくしてこのタナを引かなければ

ならなかったはず。

そうなれば更に細いラインが必要で

そうなると・・・・・・・・・・・・・・

冬のボーナスはあっとういまに無くなりそうだ!

タックルだ!

さお ゴールデンミーン JJMACK AIR 68

りーる  ダイワ 13ルビアス 1000

イト   バリバス アジングマスター0,3号(ポリエステル)

リーダー  バリバス アジングマスター 0,8号(フロロ)

| | トラックバック (0)

探検アジング

先週の半ば。

久しぶりに釣友のはっしさんと電話でお話。

話題の内容は殆どアジ(爆)

佐川「なかなか近所では結果もでないんですが、ぼちぼちがんばってます。」

はっし「ちょっと気になるエリアがあるんですが行きます?」

佐川「イクイク♪」

というわけでその晩早速集合。

常夜灯ありで雰囲気はあるけど、

はてさて?アジは居るかな?

と、開始一投で

42

アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5g+レイン アジミートにて

イタ!

こんな場所にもいるんですねー!?

なんて話してると

41

はっしさん、ナイスサイズ!

44

を、連発!

なんでも、ほぼ毎晩アジを求めて

あちこち夜練に励む毎日だとか!?

そりゃ上手いわ♪

完全にはっしさんにリードされつつもなんとか

45

アルカジックジャパン ジャックアッパー1g+レイン アジミートにて

幅広の美味しそうなヤツ♪

そしてはっしさん、割と大き目のワームで

食わせてるようなので

46

アルカジックジャパン ジャックアッパー+コアマン ミニカリ

(クリームメロングロー) にて

久しぶりの「青っパナ!」(色が青い鼻水みたいだから勝手にそう呼ぶ)登場

潮の動きが落ち着いてきたら

47

こいつらが多くなってきたので終了。

平日にちょろり遊ぶには充分な内容でした♪

タックル

竿 ゴールデンミーンJJMACK AIR 68

リール ダイワ13ルビアス1000

ライン バリバス アジングマスター 0,3号 (ポリエステル)

リーダー バリバス アジングマスター 0,8号 (フロロ)

| | トラックバック (0)

もう終わり?

週の初めの釣行。

給料&ボーナス直前のタイミング。

財布の中身は小銭が少々・・・・・

29

娘に二千円を借りて家を出る。

この日はとある取材のお手伝い。

お題の関係もあり、もうハイシーズンは完全に過ぎた干潟へ。

自分が釣っても仕方ないので

要所は投げずに見学。

ただもうじっとしてたらいられないような寒さに

30

リード フィール100 にて

一本だけ失礼して♪

確かに魚の数は減ったが、それより驚いたのが

アングラーが他に一人も居なかったこと!

ここは超メジャー&手堅く釣れるとあって、

ハイシーズンは入れないので、こなくなってしまった場所。

だけどシーズナルパターンは一斉に起こるわけではなく

動きの早い魚&遅い魚のおこぼれは必ず居る。

たしかにドンズバのタイミングほど釣れないけど、

シーズンが終わった(はじまった)のを

肌で感じることで得られる理解度は

本当に大切なことだと思う。

シーズンのはじまりを見つけた時の高揚感。

シーズンが終わりゆくときのせつなさ。

それをパソコンで見つけるんじゃ

もったいない。

34

帰りに発見したラーメン。

今のシーバスシーン。

ワクワク

ドキドキ

足りてます?

タックル

竿 ゴールデンミーン アウトレンジ 82L 

リール エバーグリーン オーパス1

ライン バリバス アバニエギング マックスパワー 0,8号

リーダー クレハ シーガーグランドマックスFX 3号

| | トラックバック (0)

房総めぐり

週末予定してたアオリイカ狙いのボートエギング便は

強風のため出船中止。

西~南西の強風が吹き続けたため、

午後からは止む予報も、ウネリが残って流石に

ボートはきつい展開だっただろう。

安全第一が遊びの基本な自分としては

まあ仕方ないか。

とはいえどこへも行かないのもなんだし、明け方にかけて

少し風は落ちる予報に期待し房総めぐりに急遽出撃。

まずは人気の漁港。

当然この時期ド定番になったヒイラギパターンがはまる立ち居地は

満員御礼。

一声かけても入れるような隙間はないので、

誰も居ない漁港奥の明暗を。

ここで完全な暗部(壁キワ5センチ以内)に

的を絞り

21

コアマン パワーヘッド12g+マドネス バクリーフィッシュ(佐川シークレット)

まず一本!

ここでポイントに入れず、車の中で困ってたという方が

声をかけてきてくれた。

なんでも遠くからきたのだが、やる場所もなく

どうしようかと相談してたそう。

釣れるとこを見せられてよかった♪

だがこの後はチェイスこそあるが見切られちゃう展開。

ここで地元名手の鈴木君登場。

彼も混雑した立ち居地でやる気はないようで

朝マズメのタイミングまで、釣り場で一休みするそう。

さてさて、自分は朝になったら帰らなければならない

お父さんアングラー(涙)

ここは夜もきっちりやっておきたいと、

別の漁港へ。

ここはどういうわけかガラガラで、先行者の方は一人。

どうやらあまりつれてないようで、

航路のヒイラギパターンはノーバイト。

移動しようかと帰り際、ふと漁港奥のスロープが

気になった。

普段は池のようなスロープ。

実績はないんだけど、

なんとなく

         「魚のニオイがした」

しばらくタバコをふかし、スロープを眺めてると

            「バフォ!」

居る居る♪

風で押し付けられたトウゴロウにしっかりついてます♪

ただ、流れのない漁港に溜まったトウゴロウ食ってるヤツは

そう簡単には食ってくれません!

ここは秘儀!

         「ジェネラルウキウキメソッド!」

炸裂!

22

エバーグリーン ジェネラル110 キビナゴフラッシュにて

簡単に食った♪

23

実はバチ抜けにも効果があるジェネラル110を

超デッドスローで水面を引くパターン。

普通に引いたら絶対に食わない状況ですが

これにはバイトが頻発!

要はトウゴロウにボイルするとこに

ジェネラルを浮かべとくだけ!(風で流される分くらいラインを巻くけど)

この日一緒に来たたかやんさんは

たかやん「えええ!?俺もジェネラルさっき投げたよ!?」

佐川「引っ張ったらダメです。泳がないスピードで風の流れにまかせて

    漂わすだけです!」

瞬殺で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24

エバーグリーン ジェネラル 110 チャートフラッシュ にて

俺よりデカイの釣りよった・・・・・・・・・・・・・

たかやん「佐川君のおかげだよ!」

佐川「誰か俺に執りついた「笑いの神」を徐霊してくれ(涙)」

せっかくみつけた爆裂パターンだが、ここで夜が明けてきて

ボイルが止んできてしまった。

朝マズメ、鈴木君が入ったエリアは不発だったそうで

彼はこれからヒラ狙いにシフトするそう。

自分達ももう帰らなければならない時刻なので

もう一箇所くらいやって帰るよと告げ

帰り道沿いのポイントを見て回る。

すると一箇所いいかんじの波が当たる堤防を発見。

ここがナント大爆発!

25

スカジットデザイン スライドベイトヘビーワン カタクチレッドベリー にて

一投目からドン!

ブツ持ち撮ってもらう間に、ジアイが終わるといけないので

たかやんさんにもすぐ投げてもらう!

こちらもリード バックウオォッシュで即ヒット!

写真撮る余裕はなく、自分も即キャストで

27

スカジットデザイン スライドベイト ヘビーワン コノシロライムチャートにて

ゴリ巻きしたため、針が曲がったのであえなく交換も

こちらも爆!

ランカーには届きませんが、この極太さん。

引きます!重いです!

26

連発!(60センチクラスはブツ持ちなし!)

止まりません!

28

スカジットデザイン スライドベイトヘビーワン チャートレインボーにて

これも70後半。

沖の根周りに出るサラシに落とし込んで食わせの間をとれば

ボコボコ当たってきます!

ただ、この日たかやんさんも自分も家族サービスの約束を

してきたため、この日はここでお終い。

後ろ髪引かれるが、だいたい用事があるときに限って

こんな状況に出くわす物。

男はつらいよ!

タックル

ゴールデンミーン アウトレンジ 90L

ゴールデンミーン アウトレンジ106M

リールはどちらも

ダイワ モアザン2510PE-LBD

ラインはどちらも

クレハ 完全シーバス0,8号

リーダーは

夜の漁港はクレハ グランドマックスFX3号、朝は同じグランドマックスFX6号です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わらせないぜ!兄貴!

先週の頭。(更新さぼってました)

ふと先日アジングに船をだしてくれた

SAWAさんのブログを開くと・・・

        「もう今年のアジングはお終いかな。」

とショッキングな内容の記事が!?

なんでも、先日の釣行を掲載後、あちこちから

釣行&取材の依頼が殺到!

週末はアジングを二日間朝から晩まで状態だったそうで

SAWA「楽しいんだけど、もうここまで毎日アジだとさぁ・・・・・」

佐川「イヤイヤイヤ、釣れてるうちは辞めちゃだめですよ!」

SAWA「・・・・・」

と、いうわけで出船決定!

雨が降りしきる木曜日に出撃してきました♪

SAWA「こんな寒い日にいきたくねー(涙)」

佐川「先行者居ないからいいじゃないですか!(アホ)」

さてこの日はワーム以外で通すというSAWAさん。

ついていきなりヒットは

01

ベイトフィネスタックル+メタルジグのSAWAさん!

手返しもよく、フォールのアタリも取れるベイトの利点を生かし

なんと連発!

自分にも来ましたが

03

アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5g+レイン アジミート にて

カサゴさんでした・・・

その後

02

アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5g+マーズ ストライダー2,5インチ

自分もアジが食いだしますが

なによりこの日、色んなルアーを試した

SAWAさん。

04

メタルジグ絶好調からの

06

鉄板バイブ!

08

スピナベっすか!?!?

なんだかバス釣りみたいで楽しそうです!

自分も

05

アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5g+ロデアクラフト ラグ にて

食いが立ってる時は大きめのワームでしっかり見せたり

07_2

アルカジックジャパン ジャックアッパー1,5g+バークレイ ガルプ

エッグチェーン にて

食いがおちたら細身&ニオイのガルプエッグチェーンで

少しフォールを早くしてみたりと

色々試して楽しんじゃってます!

SAWA「うーん、次回はトップももってこなきゃな!」

佐川「自分はアラバマリグで!」

まだまだアジング便、終わらせませんよ!

タックル

竿 ゴールデンミーン JJMACK AIR 68 & 73

リール ダイワ ルビアス1000、シマノ セフィアC3000SDH

ライン モーリス アジングマスター 0,3号&0,4号

リーダー クレハ グランドマックス 0,8号

| | トラックバック (0)

魚に会いたいという情熱

先週はほぼ毎日徹夜に近い状態で

仕事が山積み。

なんとか無事こなし、週末を迎える。

金曜夜は矢七さんと干潟へ。

なんでも取材があるらしく、そのプラへ同行となった。

矢七「川ばかりで干潟行けてないんだけど大丈夫かな?」

佐川「私に任せてくださいな!」

先日のアカエイ捕獲作戦をはじめ、

自分の記事を書く時もカメラマンをいつも快く

やってくれる矢七さん。

困った時はお互い様。

ここはいっちょ名ガイドぶりをお見せしようと

エリアは自分が選ぶ。

到着すると一台も泊まってない車。

まあ潮も大して動かないこの日、

満員で入れないなんてことはないだろうと

思ってはいたが、かなりキャパがある場所だけに

先行者ゼロは少し不安に。

佐川「移動します?」

矢七「いいじゃん!気を使わなくて済むからここでいいよ!」

プレッシャーを吹き飛ばす一言。

ポイントを探す苦労を知ってる人間だからこそ

結果は出たトコ勝負と、割り切ってつきあってくれる。

そしてそんな仲間の大切なプラ。

さあ!本番に向けてガンガン釣って良いイメージで

取材当日を迎えてちょうだい!

ところがである・・・

ビックリするほどの生命感のなさ。

流れも風とケンカしてるとはいえ、

ここはプールですか!?状態。

ようやく矢七さんが掛けるも

Dscf3363

デュオ マニック75 にて

矢七「佐川サイズ!」

佐川「セイゴをそう呼ぶのやめてください。」

自分にも

Dscf3364

リード リバード90S ライムチャートイワシ にて

佐川「オレサイズ!」

矢七「自分で言っちゃってるじゃん・・・」

その後も

「コチン」

「プルン」

など、情けない擬音語のバイトはあるものの、

結局まともなアタリはなく揚がることに。

ただある意味有意義なプラになったことは確かだ。

大会でも取材でも

       「当日捨てる場所」

を明確にすることも重要なプラであるからだ!

矢七「ぜってーここは来ねえ!」

佐川「流石!見えてますね!」(誰でもそう思うか!?)

そして帰宅は明け方四時。

一時間半ほど仮眠の後、今度は

野島沖提へ。

よく

   「そこまで体を酷使してまでよく行くよね!」

と言われる。

小さい子供もいるので週末はのんびりしている暇などない。

だけど自分を突き動かすもの

それは

         「魚に会いたい」

その情熱のみ。

この日は勇次君が一緒に来てくれた。

勇次「野島始めてなんすよ!」

佐川「本当は北風吹いてるほうがいいんだけど・・・

    まあ、釣れるでしょ♪」(この日は南風)

ところがこちらもついてビックリ。

週末なのにシーバスもクロダイも常連さんが

誰一人来てない・・・・・・

またも不安がよぎるが、もう八時近くに(渡船は8時から)

なって今さら他へ行くとこもない。

意を決していざ渡船で沖提へ。

つくといきなり勇次君!

Dscf3366

いきなりのヒット!

これはキタか!?

なんとこの日、我々が渡ったハナレ、青灯は

Dscf3367

貸切状態♪

これキタ!

もうこうなれば狙いはランカー。

大型のミノーから行きます!

さあ!かかってこい!

ところが勝負を挑んでくるお魚さんが居ません。

あれよあれよと結局最後の切り札

バイブ&ブレードでネチネチ・・・・

だんだん襲ってくる睡魔。

今、釣りをしてることが夢なのか現実なのか?

よくわからなくなりだしました。

そんな時、回収しようと巻き上げた

アイアンマービーの下からドデカイ口が開いて

反転!

佐川「あー・・・・・・俺疲れすぎて、とうとうバイトしてくるシーバスの

   夢まで見るようになっちゃった・・・・・・・・・・・・」

            「ジィーーーーーーーー!!!!!!!!!」

あれ!?夢じゃない!?

レバーブレーキがついてるため、キツめにしてあるドラグが

けたたましく逆転!

キタ!

本当にキタ!

ところがである!

激荒れのこの日、頭から波を被りまくり全身ずぶ濡れ。

手もビショビショ状態で、レバーブレーキに指を掛け

応戦しようとした次の瞬間!

      「グルグルグルグルグルグルグルグルグルグル!」

クラッチ切って指離しちゃった!?(すべっちゃった)

突然緩めたライン・・・・

恐る恐るラインを巻くと

            「逃げよった(号泣)」

ここであまりの天候不良のため、定時より少し早揚がりとなり

迎えの船が来たため、離れて釣っていた勇次君のもとへ。

勇次「どうでした?」

佐川「野球で例えるなら、特大のファールをスタンドに叩き込んだ

    感じかな!」

勇次「?」

このまま引き下がれない・・・・・・・・・・・

アングラーとしての意地、プライド、執念・・・・・

いや前記した

               「魚に会いたいという情熱」

はまだ自分の中で燃えていた・・・・・

だが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf3370

            「もう金魚でもかまわない」

という泥臭い作戦は「釣堀閉店」という形で幕を閉じた・・・・・・・・・・・・・・

タックル

干潟

竿 ゴールデンミーン アウトレンジ82L

沖提

ゴールデンミーン アウトレンジ106M

リールはどちらも

ダイワ モアザン 2510PE-LBD

ラインは

クレハ 完全シーバス 0,8号に

リーダー

クレハ グランドマックスFXの5号

以上!

| | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »