ご無沙汰しておりました。

一ヶ月近くブログ放置で、

覗いてくださる方すみませんでした!

本業がまたまた不景気突入につき

ダブルワーク&子供夏休み突入で

いつも以上に過労死寸前の毎日を楽しく過ごしてます♪

さて、そんな暗い話題はさておき

先日義理の妹の結婚式がありました♪

20160730_151214


後ろに見えるのはレインボーブリッジ。

キレイな客船より、

こ汚くてもいいから釣り船がいい・・・・

そしてなぜか

20160730_115557


パリピな我が息子・・・・

そして夏と言えば

原点回帰も忘れません

20160812_143230


アオイソなめてるように見えるのが残念な一枚。

シロギスはようやく良いつりが出来ました♪

そして

20160813_063057


こちらはタナゴ仲間がここのところ急増w

楽しい釣行が続いてます♪

そして恒例となってる親父の田舎、栃木への

お墓参り&旅行は

20160814_174135


外道の猛攻からなんとか

20160815_054528


ヤマメも飛び出し

20160815_135623


観光やなで水遊びしたり

20160816_101655


かき氷食ったり

なんやかんやで楽しく終了♪

シーバスのほうも10月に控えた大会に向けて

準備は進行中!

ブログのほうもまめに更新しますので

また見てやってください♪

| | トラックバック (0)

タコ中毒

先週は

20160718_192436


マニアックスさんにて開催の小沼さんのイベントに遊びに行ったり

20160719_203208


地元釣り仲間が羽田「千代」にて開いてくれた

私のお誕生日会では人生初の顔面ケーキ(後で美味しくいただきました)

を経験したり、本業が急に仕事が無くなり

ダブルワーク生活が急遽スタートしたりと、

なかなか大忙しな毎日を過ごしたわけですが

そんな週末、先日もお世話になった

IMPACT 数野キャプテンより

数野さん「来週のボートシーバストーナメントのプラで出るけどいく?」

と、うれしいお誘いを頂きまして

土曜日に乗船させていただきました♪

で、シーバスの模様は明日がトーナメント本番ですので

ここでは割愛させていただきまして、

メインのタコ!(メインはプラじゃないのか!?)

実はもう毎週どこかでタコ三昧の私佐川。

近隣のキャスティング、シマヤ、上州屋など

タコ用品を買い集め、夏のボーナスはスッカラカン♪

この日、ご一緒させていただいた戸村さんも

20160723_130554


戸村さん「いや、マジで面白いね・・・・・・」

タコジャンキーの仲間入り♪

最近では、「タコパンチ」的なショートバイトも的確に

乗せていく佐川は

20160723_133644


触るヤツは全部引っ掛けます♪

ここへきてアベレージも大きくなり

2キロクラスもあがってるタコ!

数が少なくなりだすこれからの時期は

ボートがオススメです!

今回もお世話になりましたIMPACTさんは

http://seabass-impact.com/price.html

こちらのURLよりアクセスしてください!

また緊急告知!(大げさか!?)

・はじめてのボートで不安

・釣り方がよくわからない

など、なかなかボートの釣りは敷居が高いと感じてらっしゃる方!

予約時に「佐川指名!」と言っていただけば

この夏!

20160710_052243


数野キャプテンのサポートで私、お手伝いにお邪魔します♪

別途料金等は頂きませんので

お気軽にお呼びください♪

仕事の都合上、毎日対応できませんが

よろしくおねがいします♪

タックル

ゴールデンミーン

ORC-72-LTD GANJIGI

7,2

ダイワ

タトゥーラHDカスタム

ライン

PE 2.5号

リーダー

クレハ グランドマックス 8号

| | トラックバック (0)

マニアックスさんでイベントです!

本日13時から

Received_99201787091916911170x550


今年、6月にオープンしたばかりの

マニアックスさんにて

小沼正弥氏のイベントが開催!

関東初となるPick upの「スリートラップ」が

先行限定販売となります!

また、オープンより品揃えの豊富さには定評のある

マニアックスさん、中古の在庫もまだまだ掘り出し物

盛りだくさんだそうで、ぜひこの機会に遊びに行ってみては!?

ばしょは

住所〒123-0861 東京都足立区加賀1-19-6
    > google mapで見る

アクセス
  環七(鹿浜四丁目交差点)から約1km
  首都高速川口線 加賀インターから車で2分
  日暮里舎人ライナー 谷在家駅から徒歩12分
  ※駐車場あり
  ※駐車場が混雑している場合、近隣のSEIYUさん、バーミヤンさんに併設されているコインパーキングのご利用をお願いいたします。

TEL03-6807-1191

営業時間月~土 11時~22時 日 11時~21時

マニアックスHPより

自分もこのあと遊びに行きます♪

| | トラックバック (0)

IMPACTでオクトパス!

週末はエバーグリーンプロスタッフの先輩でもある

数野さんがキャプテンをやってます

IMPACThttp://seabass-impact.com/price.html

へ勇治君と遊びに行ってきました♪

今回の狙いは今年絶好調に沸きまくりの

            「タコ!」

であります!

あと、今回数野キャプテンには

Cl1_6tnusaen6tz


ガンナーネットJrのお土産も持って♪

深くてデカいシーバスも掬いやすく、

ルアーが絡みにくいガンナーネットはガイドさんにも

人気のアイテム。

駐車場でネットをお渡しし、桟橋へ向かうと

数野さん「おい!佐川くん!タコいたぞ!」

20160710_043921


ナント!

よくみると、ずいぶん白いタコ!?

いやいや、これはトンコツ君じゃありませんか!?

総勢4名で楽しくスタートです♪

数野さんの船は東京湾でも1、2を争う船足を持つ船。

ポイントへはあっというまに

20160710_051429


いきなり乗せます♪

そんなに居るのってくらい・・・

O0480064113694031138

はい♪ダブルヒット♪

今回自分はエバーグリーンエギ番長に

ナス型オモリをスナップスイベルで頭に接続。

アピールをあげるためにタコベイトをリーダーの途中につけた

リグで。

初挑戦の勇治君も

20160710_052624


ナイスサイズ♪

序盤こそ出遅れたものの、中盤から怒涛の連発は

20160710_054656


タコ!じゃなくてトンコツ君!

20160710_060934


止まらないタコ!じゃなくてトンコツ君!

なにやらパターン掴んじゃったタコ!じゃなくてトンコツ君!

流石、やるときはやる男です!

そんなとき、沖側で

               「パコン!」

あーあ。

ボイルしてるとこ見つかっちゃった。

そんなナメたことされたら

20160710_055844


コアマン パワーヘッド9g+ マドネス バクリーフィッシュ(佐川シークレット)

釣っちゃうよ♪

20160710_055849


佐川「大丈夫♪今日はタコのおかずがあるから君は逃がしてあげるよ♪」

さてさてタコのほうは終始絶好調でありまして

20160710_054723


ネットが役立つ場面あり

1468131951468


食べ応え、釣り応え充分なキロオーバーも多数!

お土産は充分確保♪

大満足で沖あがりとなりました♪

さてこのIMPACTさんでは、お客様の希望しだいで

このタコもやることができます。

シーバスメインで、お土産程度釣りたい!

みたいなプランにも答えてもらえ、釣り場はマリーナから

10分程度の距離なので船酔いが心配な人も安心して

楽しめます!

また特別なタックルは必要なく、今回自分は

ゴールデンミーン アウトレンジリミテッド ガンジギ用でやりましたが

タコを意識しすぎたあまりにもゴツいタックルより

操作性、感度ともに良く、むしろ快適に楽しめました!

今、絶好調のタコ、オススメですよ!

そして週末のお父さんはまだまだやることがあります!

早朝よりタコ釣りを終えたあとは

20160710_115841


義父の畑で農作業。じゃがいもの収穫です!

汗を流しまくった後、釣ってきたタコを塩でもんで

ヌメリを取り、熱湯にぶちこんで

20160710_172346


懺悔!

タコ刺しに、タコ飯に、タコのから揚げ。

もちろん冷たいビールをプシュっとあけて

タコを肴にぐびっといきます!

夏がきた!!!

そんな週末でございました♪

タックルデータ

ORC-72-LTD GANJIGI 7'2"

ルアーウエイト10〜40

適合ライン10〜25 PE1.5〜2.5

今回使用したゴールデンミーンのアウトレンジ リミテッドガンジギ72のスペック

です。大体これくらいのパワーがあると、ボトムからタコをはがすのに

充分なパワーがあるといえます。

ガンジギも兼用でお探しなら、ぜひオススメです

リール ダイワ ジリオン

ライン PE 1号 (本来ならもっと太いほうがいいです)

リーダー クレハ グランドマックス 5号

| | トラックバック (0)

バクリーフィッシュ&テールの佐川シークレットが!

Dscf3509


私、佐川洋介考案の絶対的自信作、

           「佐川シークレット」

この佐川シークレット バクリーフィッシュ&テールが先週

キャスティングさんの一部店舗で限定入荷となってます!!!!!!!

以下取り扱い店

神奈川

磯子店

港北店

千葉

市原16号店

東京

錦糸町店

日本橋店

足立環七店

青砥店

八幡山店

品川店

北葛西店

これから夏に向けて、潮が濁った場合破壊的威力を発揮するこのカラー

先日、タコ釣りにボートで出かけた際も

20160710_055844


一瞬ボイルしたトコに撃ち込んでゴン!

20160710_055849


バッコリ落ちパク!

着水した瞬間にもう食ってました♪(この模様は明日また詳しく書きます)

20160712_175715

今回も数量限定につきぜひお早めに!

釣果は保障します♪

| | トラックバック (0)

ワールドレコード更新!?

WSS荒川大会が終了して帰宅すると

息子がブラックバスを釣ってみたいと言い出した。

大会中、熱中症っぽい症状も出たため

今日は行けないよと言うと

   息子「パパと遊ぶの楽しみにして学校ちゃんと行ったのに・・・」

うーーーーん・・・・・・

釣りのために子供に悲しい思いはさせないと決めてるので

(誘われてるのも釣りだけど)

これはイカン!

佐川「じゃあ夕方、涼しい時間だけだよ♪」

息子「やったー♪」

レッドブルとモンスターエナジーを流し込み

いざバス釣りへ!

やってきたのは家からほど近い川。

そこに別の川がちょろちょろ流れ込んでるポイント。

一日熱かったので、水の動きがある場所、それにシェードが絡めば

確率が高いんではなかろうか?

そんなイメージにぴったりの流れ込みの脇にゴミが溜まって

シェードもある。

ただ水深がないため、チャンスは1投目のみだろう。

佐川「いいか?あのゴミの向こうにポトンって落としてワームちょんちょん

   してごらん!」

息子「ボクには出来そうもないからパパ投げて!」

そうきたか?

ミスキャストすれば、間違いなく2投目は無い状況。

ここはデカいバス、息子に見せてやろう!

手前には雑草が伸びて、丁度魚からアングラーは死角になるポイント。

その分、低い弾道でルアーを打ち込めない。

選んだルアーはエバーグリーン、ダブルモーション。

3グラムのゼロダンで、着水音は抑えつつ

ゴミを突っ切れるギリギリのウエイトを選択。

高めの放物線を描いたルアーは手前の雑草を越えて

そのゴミ溜まりに吸い込まれるように

着水。

次の瞬間

               「スーーーーーーーーーーッ」

ラインが走った!

充分送り込み、渾身のアワセが決まる!

          「ガバガバガバ!!!!!!!!!!!!」

とんでもないヘッドシェイク音!?

ぶち曲がるエアレギウスLTS!!!

そして、ドラグも少しキツめにしてあるアルデバランからは

どんどんラインが引き出される!!!

デカい!

佐川「食ったぞ!」

息子「パパ!頑張れー!」

魚は流れ込みから、一気に本流へ。

このときラインは8ポンド。

無理に止められないサイズであるのは明白。

一度クラッチをきり、魚を走らせる。

一瞬見えた魚体はゆうに60センチ。

いや、70センチも超える長さ。

頭の中に

               「ワールドレコード」

がよぎる・・・・

落ち着け!

落ち着け!俺!

魚は流れに乗り、なおも激しい突込みを繰り返す。

だがエアレギウスLTSはベイトフィネスを意識した竿ながら

曲がりこんだ状況から計り知れない粘りを生む竿。

徐々に相手の動きが鈍くなるのが、伝わってくる。

大丈夫だ。

絶対獲れる!

距離を詰め、ランディングしやすい場所へ魚を誘導。

腰にぶらさげたネットを開き、準備は万全。

そして浮いた魚を見て、驚愕した・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20160703_164233


シーバスや・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

魚と格闘中、色んなことが頭を駆け巡った・・・・

・ワールドレコード獲ったら、取材が山のようにくるだろう♪

・そしたらそのギャラでバスボート買っちゃおうかな♪

・エバーグリーンにワールドレコードの報告したら、

  きっとスタッフのみんな喜んでくれるだろう♪

・菊元さん、ボクもさざれに連れて行ってくれるかな♪

・来年のフィッシングショー、バスのブースにも立たせてもらえるかも♪

・もうこの際だから、バスプロ目指しちゃおうかしら♪

だが、世の中そんなに甘くない・・・・・・・・・・・・・・・・

そう冷静になって考えれば、ヒット後逃げてく時に

ちらっと見えた魚体。

バスの70アップならこんなに細くない・・・・・・・

佐川「パパ、また頭クラクラしてきちゃった・・・・・」

息子「帰ろ。」

夕日に照らされた親子が二人。

てっきり世界記録だと勘違いしていたため、背中を丸める父親。

なんだか事情はわからないけど、大きな魚が釣れたと喜ぶ子供。

釣りって本当に平和で楽しい遊びだなぁ♪

タックル

ロッド エバーグリーン HCSC-66ML-LTS エアレギウスLTS

リール シマノ NEWアルデバランBFSXG

ライン クレハ R-18フロロリミテッド 8ポンド

| | トラックバック (0)

夢の三連覇へ

過去、WSSのシリーズ中の大会二連覇二回。

年間優勝二連覇一回。

オレンジカップ二連覇一回。

幾度と無く挑戦した三連覇への道。

だが、勝利の女神は私に三度微笑むことは無かった。

よく三度目の正直なんていうが、もし三度目が本当の答えなら

二連勝はただの運になってしまう(涙)

また、今回は違う意味での思いいれもあった。

過去、若洲の大会では一度優勝しているが、あそこに関しては

川というよりほぼ港湾に近いシチュエーション。

WSSの大会が川メインになってから、一度も勝ててないどころか

三位にも入れたためしがない。

いや、それどころか昨年一昨年とノーフィッシュの嵐だ(号泣)

               「港湾でしか勝てない佐川」

                「川では勝てない佐川」

もはやトラウマともなりつつある川。

今大会、この今の勢いも勝つための大切な要素。

実力以上のものが出ればなんとか・・・・・

そんな当日朝。

迎えに来てくれる約束をした山ちゃんが、なぜか電話にでない?

車は自分でも出せるので、大会参加は問題ないが、

この山ちゃん、睡眠中の無呼吸症の持病がある。

              「もしかして・・・・・・・・」

まさか布団の中で冷たくなってるんじゃ!?

家の電話番号はわからないし、家の場所も詳しく判らない・・・・

こりゃ大会どころじゃないぞ!?

とりあえず仲間の宮さんとも連絡を取り、会場へ向かう。

もしかしたら事情を知ってる人がいるかもしれない。

道中、自分の携帯が鳴る!?

相手は

                 「ヤマモト カズオ」

山ちゃんだ!!!

佐川「もしもし!?」

山ちゃん「ごめん!寝坊しちゃった♪」

この時、心配してた気持ちがスーーーっと無くなったと共に

変な緊張感がいっぺんに消えた!

朝から良い流れが、そして追い風が俺にふきだした!

佐川「死んじゃったかと思いましたよ!?」

山ちゃん「生きてまーーーーーーす♪」

先に会場へ着いたので、エントリーを済ませ

スタートを待つ。

死亡説が流れた山ちゃんもなんとかスタートには間に合い試合開始!

まずはアミパターン。

アベンジャー90をデッドドリフト。

上流側へ投げたら、もう流れてくる分だけリトリーブ。

このメソッドも夜なら絶対的自信があるパターンながら

大会は完全に夜が明けてる。

サイトでも試したんだが、完全に夜が明けたり

強烈に明るいライトのしたでアミ食ってる場合、

あまりにもスローだと見切る原因にもなる。

この日、参加者は30名ちょい。

動けるスペースはあるが、可能性の高い場所が陣取れたら

あまり動かないのが得策と読みここからルアーローテしながらジアイを

待つ作戦。

アタリがないとすぐ動きたくなる自分の悪いクセを抑えるために

この大会はイヤホンをあえて持参。

方耳で音楽聞きながら、あせる気持ちにブレーキを掛けます。

下げ潮がかっとび出したところでプラグから

ワームにチェンジ。

今回もパワーヘッド(コアマン)にリグるのはR-32 センシブ。

前回、マイクロベイトに強いと書きましたが今回はもう一つ理由が。

それはこの扁平なボディーゆえに流れを受けて流しやすい点。

あくまでイメージはまだアミ。

フルキャストしてワームを引っ張りすぎないよう、

そして要所はスラッチで食わせのスイッチ&間を作ってやると

              「ゴンゴン!」

キタ!

だがこれが無情のすっぽ抜け!?

今回は食い込み重視のアウトレンジ ファインティップを選択したが、

フルキャストして数巻きのとこでのバイト。

糸ふけも相当出てるため、仕方ないところ。

ただ反応が出だしたこのタイミングは大事にしなくちゃいけない。

落ち着いて同じラインに打ち込むこと数投・・・・・・・・・・・・・

                     「ゴン!!!」

のった!

今度は確実にのった!

沖でエラ洗いする魚がいつも以上にデカく感じる。

手前での突っ込みも無理は禁物。

ゴロタはかなり顔を出してるので、竿のポジションを高くして

無用な根ズレだけを気をつけ・・・・

20160703_065940

コアマン パワーヘッド9g+ マーズ R-32センシブ パールホワイト にて

まずは一本!

大会一本目らしく、今日も渋い展開。

うまくすればこのまま・・・・・・・・・

だがここで事件勃発!!!

キャッチした瞬間、興奮しすぎたのか!?

鼻血噴出!!!!!!!!!!!!!!

ジアイであることは明白、すぐキャスト再開も

尋常じゃない量。

流石に血だらけで釣りはまずいので少し土手に横になる。

しばらくして血は止まったものの、なんか気分が悪い・・・・

頭痛に吐き気。

これは一度きちんと休憩しよう。

大会中倒れたりしたら、それこそ迷惑かけることになる。

山ちゃんの心配してた自分が今度は冷たくなったんじゃシャレにならんw

買ってきた冷やしたぬき(以前冷やしたぬき食べて大会勝ってから毎回自分はこれ)

食べて、お茶飲んで一息つくも体調は戻らず。

水辺に立つもどうも気分が悪いので、ここは本格的に休憩!

次のジアイは試合終了間際のソコリと判断し橋の下で休むことに。

大会のほうはポツポツ釣れだし、よっちゃんが二本獲ってるらしい。

自分の一発目は検量の結果60センチ。

当日のキーパーは40センチだから、よっちゃんの魚がギリギリだとしても

スコアは80.

優勝の夢は夢のままだ。

橋の下で横になること一時間。

頭の中では、ラスト30分・・・・・・・

30分だけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神様、お願いだから

              「俺にキャストさせてくれ」

そうこうしてるうちに願いが通じたか!?

なんだか元気になってきた♪

今一度ロッドを握り水辺に。

今度はアウトレンジ90Lにセルテート3012Hという一見アンバランスなセット。

実は前日の帰り際の魚は全てアイアンマービーの高速リトリーブからの

フォールで食ってきた。

この高速巻きと、掛けてからなんとかバラさないよう、

通常なら98MLか106Mのところをあえて90Lで。

一時、連発状態だったというよっちゃんの隣へ。

釣れてるとあとから聞いた場所へはいるのは本望ではないが

この日、前日良かった橋脚のヨレについた魚が抜けていたため

もはやここしか選択肢はなかった。

残りは30分をきった。

アイアンマービーをフルキャスト。

高速巻きで一気にボトムから浮かせ

フォールで触るバイトに集中。

イト絡みを極限まで抑えて設計したアイアンマービー。

これを繰り返しても、ほぼトラブルなく帰ってくる。

繰り返しキャストしたとき、

最初のフォールでコツン!とシーバスのバイト!

構えていただけに、フッキングは完璧!

だが、引きがおかしい。

WSS関東のルールではエラのラインより尾ひれ側に両方のフックが

掛かっていた場合、スレとみなしノーカウント。

完全に口ではないことは、感触から明白。

あとはエラより前に掛かっていてくれ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浮いた魚は!?

横にいた高谷さん、バッシーさんが「一本は前だ!」の声!

もうほぼ記憶も無い。

夢中でネットにねじこんだ魚は

20160703_104233


エバーグリーン アイアンマービー エスケープグリーン にて

勝った・・・・・・・

前回の霞一文字と、同時刻。

ラスト20分。

悲願の

20160703_112716


三連覇&川での勝利。

昨年、一昨年と本当に結果に恵まれないとき。

過去の実績に傷がつくくらいなら辞めてしまおうかと

何度も思ったWSS。

でも、そんな時に声をかけてくれる仲間に、家族に

もう一度、勝った自分の姿を見せたい。

気持ちを入れ替え望んだ今年の大会。

今回の結果で、三位入賞された金田さんとの差は

最終戦でひっくり返される射程圏内となった。

最後まで頂点にたち続けられるよう、最終戦も気持ちを引き締めて

頑張りたいと思います。

そして今回も普段から応援してくれる仲間に、家族に、サポートメーカーの皆様

あっての結果、本当に感謝いたしますとともに、

これからもよろしくおねがいします!

タックル

ワーム、ミノー。

ゴールデンミーン アウトレンジ ファインティップ 83

ダイワ モアザン ブランジーノ 2510-PE-LBD

クレハ 完全シーバス 0,8号

クレハ グランドマックス 3号

アイアンマービー

ゴールデンミーン アウトレンジ 90L

ダイワ 14セルテート 3012H

クレハ 完全シーバス 1,2号

クレハ グランドマックス 5号

| | トラックバック (0)

WSS第二戦 荒川大会 プラ偏

週末に開催のWSS 第二戦 荒川大会へむけて

前日の土曜日は朝から一人荒川へ。

前日の天気は曇り。

当日は一日晴れの予報。

一概には言えないが、前日のほうが釣りやすい天気。

これはプラで釣れないようじゃ当日は無い。

気合いれてガツンっと釣って当日へ

良い流れを作りたいところ。

ところが釣り場に着いてみると、超メジャーポイントながら

釣り場はガラガラ、開店休業状態・・・・・・

釣れてないことは一目でわかる状況、案の定あたりはない。

しばらく釣り進むと、おなじくプラに来てたSさんにばったり。

聞けば朝イチから二発掛けていて、けっこう活性高いんじゃないか!?

と。

これは自分が魚が見えてない証拠。

当日のプランとして考えていた

             「昼間のアミパターン」

実はここ数年、このパターンでハメられる釣りの模索に打ち込んでいるのだが

大会はあくまで釣ってナンボ。

パターンの研究なんて言ってられないのだ。

なんとか魚の顔を見て、リズムを作りたい。

そんな時、ゴロタを叩いていたスレッジ7にガツン!とキタ♪

ところが・・・

20160702_070755


エバーグリーン スレッジ7 チャートフラッシュ にて

クロダイですか・・・・

ならば沖か!?

もうすぐリリースのアイアンマービー55にドカン!と

20160702_064106

テマーーーン!!!

エイでした・・・・

そして、このあとようやくエラ洗いする魚を掛けるも

これはあえなくバラし(チーン)

プラ終了。

良い流れどころか、悪いイメージだけを頭に焼き付けたようなプラ。

終了間際のバラした魚が明日獲れれば・・・・・

ただ、「たられば」は通用しないのがトーナメント。

気合を入れて当日に続く!

タックル

ゴールデンミーン アウトレンジ 82L

ダイワ モアザン ブランジーノ2510-PE-LBD

クレハ 完全シーバス 0,8号

クレハ グランドマックス 4号

| | トラックバック (0)

ロッドアクションを考える!

今期のWSS、初戦のオープン大会こそノーフィッシュだったものの、

以降の二戦、二連覇と波に乗りまくりな佐川でございますが

WSSのレポートでも書きました

          「ロッドアクションの使い分け」

について当ブログでも補足の解説もふまえ書かせていただきたいと思います。

この二戦共にワームのジグヘッドリグによる釣果だったわけですが、

もはやこのワームの釣りにおいての常識。

それは

             「ソリッドなどのソフトなティップの竿を使うこと!」

これは当ブログや掲載紙、セミナーなどでも再三言ってきた

      「ジグヘッドリグにおいても、シーバスは掛けるのではなく乗せる」

という考え方に元ずいての理論。

シーバスのアタリを感じてアワセて掛かるという一連の動作の中で

アングラーはどうしても

      「今のアタリを掛けた!」

と、勘違いしてしまいますが

シーバスのバイトはほぼ水中で反転する際にルアーを咥えるバイトのため

人間にアタリとして手元に感じる感触が伝わった時には

すでにシーバスが反転しているケースがほとんど。

ワームを一箇所に止めた状態で居食いするブラックバスなどとは

フッキング時の状況がまるで違います。

この一瞬の吸い込んで→反転というスピードに

人間が反射神経で対応することは不可能で

バイトの瞬間に送り込んでフッキングが

出来るという方は神か勘違いかのどちらかでしょう。

この一瞬の吸い込むタイミングに追従する竿先が

必要であることは間違いの無い事実であると考えます。

ただ今回の試合、自分はこの釣りのために開発した

アウトレンジ ファインティップは現場に持ち込んでいませんでした。

Dscf7612


木更津においても

20160605_075631


霞一文字においても

アウトレンジ 82Lというショートレングスの

多少竿先は柔らかいながらも通常のシーバス用のロッドを

あえて使用してました。

これは霞大会のレポート(WSSのホームページに掲載されてます)にも

書いた、晩春から初夏の一時期特に見られる

       「動きのキレがないと、シーバスが食わない&見切る」

ことを解消するための選択でした。

もちろんフッキング率は下がります。

でも、バイトが出ないことにはフッキングだなんだといってもはじまりません。

ただ、このワームを動かしてバイトを誘発させる釣りにおいては

実は竿先のアクションがそこまで影響しないのも事実なのです。

それは、動画「コアっ!」(コアマンホームページから見てね!)でも

紹介した「スラッチ」でシーバスに口を使わせる場合、

バイトのほぼ80パーセントはこのスラッチを掛けた直後、

すなわちワームが横へスライドした瞬間に起こります。

と、いうことはワームが横滑りするだけのラインスラッグが出た状態で

シーバスはワームを飲み込みに来ているわけで

テンションがかかった状態(要は普通に巻いてる状態)にくらべ

シーバスはワームを飲み込みやすい状態にあるわけで

このバイトは深くなることが多く、フッキングミスは起こりにくいのです!

急な水質の変化等なければ、今はワームで非常に釣りやすいシーズン。

ぜひショートロッドのスラッチをマスターしてください!

こちらからバイトを誘発させる釣りは本当に面白いですよ!

Dscf7615

追記

では、このルアーの動きをきちんと出しつつ食い込みも殺さない竿は

ないのか!?

もし世の中で一本あるとするなら

02250030_08


ゼファーアバンギャルド ソリッドソリューション GRT 88

開発のコンセプトでは、感度を高めるために

ソリッドでありながらも多少張りももたせたティップに仕上げた

このモデルはルアーの動き、食い込みにおいて

最も高いレベルで両者をクリアしているでしょう。

動き重視か食い込み重視か二本で使い分けるなら、自分も使ってます

Outrange_image


アウトレンジシリーズの

ORS-アウトレンジー82L(動き重視)

ORS-アウトレンジ ファインティップ 83 (食い込み重視)

がオススメであります!!!

| | トラックバック (0)

エバーグリーンHPに掲載!

Dscf7174


エギ番長のシリーズのなかでも

最もヘビーウエイトな

            「XD(エクストラディープ)」

このタイプを使った船からのエギングを

エバーグリーンホームページで掲載させていただいております!

なぜこのウエイトが必要なのか!?

ティップランでカバーしきれなディープ攻略とは!?

ぜひ覗いてみてください!!!(右バナーよりアクセスできます!)

ちなみに昨日は

20160626_095759

カラーはオレンジスギでございました

シーバスの合間に投げてみたらシリヤケが♪

ボトムとりやすいので、シリヤケやタコ狙うのにも使えますし、

シーバスロッドで充分扱えます!

アオリイカには勿論ですが、こんな使い方もありなXD。

ぜひおすすめです!

追記

20160626_110632


木更津って車えびが名物だったとは知りませんでした!!!

| | トラックバック (0)

«父の日 沖提満喫釣行